寝具&リラクゼーショングッズ 眠りの専門店

ウトウトした時のビクッ!|睡眠中の痙攣現象「ジャーキング」

ウトウトしている時に体が「ビクッ!」と痙攣して目が覚めた経験はありませんか?

これは体が無意識に動く不随意運動のひとつとして誰にでも起こる現象で、私たち人間だけでなくイヌやネコの体でも起こることがあります。

今回は入眠時や睡眠中に発生する痙攣現象「ジャーキング」をご紹介します。

睡眠中の痙攣現象「ジャーキング」

ウトウトしている時や眠り始めた時、完全に眠り込んだ時などに瞬間的に体が痙攣する現象を「ジャーキング」または「入眠時ぴくつき」「入眠時ひきつけ」と呼びます。

ジャーキングが発生する部分は脚や腕、頭など人によって様々で、発生する回数は1回だけの場合もあれば連続して起こる場合もあります。

ジャーキングはあらゆる年齢層で発生する現象ですが、大人になって初めて経験することが多く、成人のおよそ6~7割の人が経験していると言われています。

疲労の強い時や大きなストレスを抱えている時、また寝心地の悪い姿勢で寝ている時(電車の椅子で寝ている時など)に発生しやすいジャーキングは、入眠時だけでなく完全に眠り込んだ時(レム睡眠中)に発生することもあります。

また大きな音を聞いた時や声を掛けられた時など、外からの刺激を受けた時に発生することもあり、時として痙攣と同時に下に落ちていく感覚や夢・幻覚などの異常な感覚を伴うこともあります。

不快なジャーキングはなぜ起こるのか?

入眠時に起こるジャーキング

睡眠は一般的にノンレム睡眠から始まり、その後にレム睡眠へと移行します。

「脳の休息と体のメンテナンスのための睡眠」であるノンレム睡眠に入ると、脳は次第に休息した状態になり、同時に全身の筋肉は力が抜けて緩んだ状態になります。

この時、覚醒した状態から睡眠に移る境目の時間は脳の働きが不安定になります。

入眠時に発生するジャーキングは、脳の働きが不安定な時に脳が間違った指令を体に向けて出してしまうことで脚や腕の筋肉が動いてしまう現象で、肉体的・精神的な疲れや睡眠時の体勢の悪さなどが原因で起こりやすいと考えられています。

現在では、眠り始めて全身の筋肉が緩み始めた状態を脳が「高い所から落下している」と勘違いしてしまうためジャーキングが起こると考えられています。

レム睡眠中に起こるジャーキング

ジャーキングは、入眠時だけでなく完全に眠り込んだレム睡眠中に発生することもあります。

レム睡眠中の脳は、起きている間に得た大量の情報を眠りながら整理しているため活発に働いており、このレム睡眠中に私たちは盛んに夢を見ています。

レム睡眠中に発生するジャーキングは高い所から落ちる夢を見ている時に起きることが多く、脳が夢を現実だと錯覚してしまい「本当に高い所から落下している」と認識してしまうことで筋肉の痙攣が引き起こされると考えられています。

症状がひどい場合は専門医の受診を

睡眠中の痙攣現象「ジャーキング」

ジャーキングの症状が極端にひどい場合は「周期性四肢運動障害」という病気の可能性が疑われます。

周期性四肢運動障害とは睡眠中に「足先の痙攣」「膝蹴りのような動き」「肘を素早く曲げ伸ばしする動き」などを繰り返してしまう症状で、年齢と共に発症率が高くなる病気です。

ジャーキングと周期性四肢運動障害の違いは痙攣する時間の長さと回数で、ジャーキングがごく稀に発生する瞬間的な痙攣であることに対し、周期性四肢運動障害は0.5~10秒程度続く痙攣が何度も起こり、重症の場合は1時間に50~100回の痙攣が起こることもあります。

周期性四肢運動障害の検査には終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG)が用いられ、5~90秒ごとに生じる0.5~10秒の筋活動が4回以上あるときにカウントされる周期性四肢運動が1時間に15回以上確認された場合は周期性四肢運動障害と診断されます。

睡眠時の痙攣がひどい場合は睡眠の質が下がり普段の生活に悪影響が出てしまうため、周期性四肢運動障害が疑われる場合は専門医の指導を仰ぎ、必要に応じて治療を受けるようにしましょう。

アロマの香りで不快なジャーキングを予防

不快なジャーキングにお悩みの方は、暮らしの中にアロマの香りを取り入れてみてはいかがですか?

疲労の強い時や大きなストレスを抱えている時、また寝心地の悪い姿勢で寝ている時などジャーキングが起こりやすい時は、心と身体がリラックスできずに興奮した状態になっている場合が多く見られます。

心と身体がリラックスできていない状態はスムーズな入眠を妨げるだけでなく入眠時の脳も不安定になりやすいため、アロマの香りで自律神経の働きを整えて心と身体をリラックスさせることでジャーキングの症状が緩和される場合があります。

心地よいと感じる香りには交感神経の働きを抑えて副交感神経の働きを優位にする作用がありますので、アロマの香りが心と身体のリラックスと快適な睡眠をサポートしてくれます。

化学香料や合成香料を使用せず植物から抽出したエッセンシャルオイルとオーガニック発酵アルコールでできたピローミスト「ぴろま -Piloma- 枕用フレグランス」は、枕やシーツの香りづけはもちろんルームフレグランスとしてお部屋全体の香りづけにもご利用いただけます。

睡眠改善インストラクター 市田商店 店長 斎藤拓也

日本睡眠改善協議会公認
睡眠改善インストラクター
市田商店店長 斎藤拓也

関連記事

睡眠不足がもたらす体と心への影響
私たちが健康で豊かな生活を送るための数えきれない大切な役割を担っている睡眠。睡眠不足の状態が続くと体と心に様々な影響が出てしまいます。睡眠の役割と、睡眠不足がもたらす脳や健康、美容への影響をご紹介します。
「理想の睡眠時間は8時間」の間違い
睡眠には個人差があり理想の睡眠時間も人によって異なります。以前は8時間睡眠が理想だと言われていましたが、現在では7時間睡眠が大多数の人にとって理想だと考えられています。健康に支障をきたさない理想の睡眠時間をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加